第4戦 ビッグベイトカップ 野尻湖


8月28日、宮崎県野尻湖おいて公式戦
第4戦ビッグベイトカップ が行われた。 



参加人数が、コロナにかかったりとか、変動してしま
い、最終的に、昔のメンバーが親子で参加してくれた
りで、10名となった。
最近の野尻湖の状況が判らないが、水位は、減少気味
で、スタート前のミーティングで、宮崎勢が仲間が、
4500gは釣れるとのことで優勝ラインを4500
gに設定して、5時30フンスタート予定で、抽選と
なった。

なんと、我々、二人合わすと最年長組が一番スタート
となった。鹿児島の仲間から、水が減っていなかった
ら、上流ですよ!とのアドバイスがあったので、上流
なのか? この水位を減水と見るのか、難しい判断で
事務局長と、水通しの良い所しかないのではと本流に
向けて舵を切り、スロー走行で一番スタート! 

途中振り返ると、誰もついて来ない、上流に走ったの
かと不安の中、本流右側を流し始めた。
まだ薄暗く、トップに絶好のシュチュエーション、い
つも通り、私はトップのザラからスタート、大久津氏
は、珍しく、バイブレーションからスタート。
ただ、ポイントに着くまでの間気になったのが、ゴミ
の多さ、大雨が降ったのか、とにかくゴミが多い。

30分位経った頃、大久津氏にヒット、しかし、バレ
る、本人曰く良い型だったとのこと。 その30分経
つか経たないかで、またヒットしかしバラす。

トップ系は、何も反応がない、ライズもあまりない。
 大久津氏のヒットから、水深2m前後かな?とクラ
ンクベイトにチェンジ、しばらくすると、生命感が伝
わるアタリ、久々のキーパーサイズの予感、タモを持
っている相棒から、会長デカイよ!の一言、滅多に釣
らない会長のだから緊張すると慎重にランディング、
40cmオーバーの少し痩せているが、ナイスバス、
キーパーいつ釣ったか?記憶がない。(笑)

そんな嬉しいキャッチ後、しばらく沈黙、大久津氏の
バイブがチャート系だったので、クランクベイトをタ
イプとグリーンチャートカラーに換えて、一投目、着
水後、三巻目位でまた生命感、35cmオーバーをキ
ャッチ、思わず笑みと、もしかしたら、表彰台?と話
したら、会長が釣れるのだから、みんな釣ってますよ
!と笑いの一言。 
大久津氏も、1尾をキャッチした。

その後ダムサイドや色々回るがゴミが多く釣りになら
ない、各自も走り回っているようで、釣れていないの
か、相棒は疲れて後半は、昼寝!(笑)
いつも通り、帰着30分前になったので、本日の戦い
も終了!
みんなギリギリまで粘っているようで、制限時間に
帰着!

そして、いよいよ検量となるが、4500gを超えら
れたのか?
ビッグベイトカップ を制した、ウィナーは誰なのか?
検量開始!

やはり釣ってきているものは釣ってきている。
そして、栄えあるビックベイト・カップを制したのは、

 

優 勝  牛谷  拳  5匹 4,315g

  
 
 

  

   

報告書が届き次第アップします。

 

第2位   今村  守    5匹 3,885g



 
  
 
 

ランカー 今村  守 45cm 1,330g

お疲れ様です。
先日のビッグベイトカップありがとうございました。

ニ位の報告書です。

ビッグベイトカップに参加されたみなさんお疲れ様で
した。
久しぶりのK B Fの大会に参加できまた2位になれ凄
く楽しめた1日でした。最終戦もできるだけ参加しよ
うと考えてます。
今回連れた場所は城の下ワンド入り口付近と中流域の
フラットが続くストレッチ、大久保ワンドの対岸のワ
ンドの中で釣れました。
スピナーベイトとジグヘッドです。

タックル (ベイト)

カルカッタコンクエスト200DCに
POISO N A DRENA1610MH に
     スピナーベイト(名前不明 外国の物)

タックル  (スピニング)

STRA D I C C2000Sに
EXPRIDE 262U_Sに
ジグヘッド 0.9㌘(ゲーリーヤマモトカットテール
4インチ)

次参加できた時もよろしくお願いします。

 

第3位     福重 秀一郎  5匹    3,670g

 
 


   

報告書が届き次第アップします。

 

第4位      川東  幸彦  5匹 3,155g


 

皆さん、ビッグベイトカップお疲れ様でした。
今回は優勝目指してプラにも入り気合いを入れて臨んだ
試合でしたがプラを重ねる毎に釣れなくなっていき迷い
ながら当日を迎える事となりました。おまけにフライト
順も最後尾になり今日はダメかなぁと思いながら皆さん
を見送ったところ皆、下流に行ったので良い所は先に入
られるからとりあえず上流に行くかと思い上流へバウを
向けました。しかし結果的にはそれが当たりだったよう
で最後まで上流で釣りました。
今回は残り物に福があったようで一日楽しませてもらい
ました。ありがとうございました。
最終戦も頑張ります。

エリア 
スロープから少し上った所の右岸の一つ目のワンド

右岸側岩盤帯

タックル1
ロッド TDバトラー ブリッツ
リール TD タイプR
ライン サンライン バススペシャル12ポンド
ルアー IK250

タックル2
ロッド タクティクス トライアロー
リール コンプレックスB B 2500HGS F4
ライン シーガーフロロマイスター4ポンド
ルアー バンピーホッグ2.5インチ グリパン1/16
                  ダウンショット
タックル3
ロッド ポイズンヘリテージ スーパーインチワッキー
リール コンプレックスB B2500HGS F4
ライン シーガーフロロマイスター4ポンド
ルアー 1/16スモラバ+ハンハントレーラー

 

第5位   明石 裕一  5匹 2,830g


 

皆さんお疲れ様でした。

中流から下流の本流筋の岬や岩盤で釣りました。
暑い中でしたが何とか5本揃ってよかったです。

ヒットルアーはいつものです。

ダウンショット
ルアー  メガバス カウンターグラブ3インチ

 

以下は、下記の通りです。

また、次回上位を目指して頑張りましょう!

第6位  新村 光健     2匹    1,710g


 



第7位  今村丸幸        3匹  1,325g

  
 
 

第8位  酒見 直之     3匹     1,280g


 

第9位  大久津雅志  1匹     585g


 

第10位  明石  章  0匹     0g

暑い中、たいへんお疲れ様でした。

次回は、最終戦「メガバス・カップ」です。
有終の美を飾れるよう頑張って下さい。

では、最終戦小野湖でお会いしましょう!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です